東京五輪・パラ 競技エリアのカメラマンに毎日コロナ検査義務化

[ 2021年6月18日 05:30 ]

国立競技場と五輪マーク
Photo By スポニチ

 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、東京五輪・パラリンピックで新聞やテレビなど報道関係者に適用する新型コロナウイルス対策の規則集「プレーブック」の第3版を公表し、選手に近い競技エリアのカメラマンは毎日の検査が義務付けられることになった。その他の放送関係者や記者は4日に1度受ける。来日後14日間は競技会場での観客取材や、街頭でのインタビューを禁じた。違反した場合、取材証剥奪や罰金、国外退去措置となる可能性を明記した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月18日のニュース