佐藤早也伽、収穫の2位 1万メートルで五輪視野 日本選手権出場へ

[ 2021年3月15日 05:30 ]

名古屋ウィメンズマラソン  ( 2021年3月14日    名古屋市・バンテリンドームナゴヤ発着 )

22キロ付近で松田瑞生(右)に引き離される佐藤早也伽(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 2度目のマラソンで2位に入った佐藤早也伽(26=積水化学)は「後半はペースを落とさないで走り切れた」と収穫を口にした。24年パリ五輪期待の星だが、トラックの1万メートルでも東京五輪出場を目指す。

 佐藤の自己ベストは31分30秒19。東京五輪参加標準記録の31分25秒00まであと5秒と迫っているだけに、野口英盛監督は「東京へ挑戦しようとしている。1カ月しかないがチャレンジしたい」と5月3日の日本選手権出場を明言した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月15日のニュース