鶴竜、診断書公表 左半腱様筋部分断裂で2、3週間の加療が必要 陸奥親方「様子を見ていく」

[ 2021年3月15日 05:30 ]

横綱・鶴竜
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は14日、5場所連続休場となった横綱・鶴竜の「左半腱様筋部分断裂で3月場所の休場を要する」との診断書を公表した。

 9日の稽古で左太腿を痛めた。相撲診療所の医師によると2、3週間の加療が必要という。師匠の陸奥親方(元大関・霧島)は13日から上半身のトレーニングを再開したと説明。患部について「本人はひどくはないと言っている。まだ四股は踏めないので、様子を見ていく」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月15日のニュース