永井、4年ぶりのツアー2勝目まであと一歩 3打差届かず「負けちゃったなという感じ」

[ 2021年3月15日 05:30 ]

女子ゴルフ明治安田生命レディース最終日 ( 2021年3月14日    高知県土佐C=6228ヤード、パー72 )

プレーオフ3ホール目、ウイニングパットを決めた稲見(手前)を見つめる永井(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 永井は4年ぶりのツアー2勝目にあと一歩届かなかった。

 3打差を追いかけた最終ラウンドは「優勝は考えず、3バーディーを取ることだけ考えた」。プレーオフ3ホール目はグリーン手前の稲見とほぼ同じ位置からのアプローチが2・5メートル短くなりパーパットも外した。

 「負けちゃったなという感じ。プレーオフできたので良かった。もったいないと言ったら切りがない。悔しいけど、楽しかった」と淡々と話した。

 ▼3位・藤本麻子 風が強くて目の前の1打に必死になって戦った。QT選手で全ての試合に出られないので結果を残して、残り試合に出て、シード復活できるように頑張りたい。

 ▼3位・森田遥 先週(2位で)悔しくて、上位で戦えるチャンスをつくろうと思っていた。それはクリアできたけど、勝つにはいろいろな要素があると思うのでゆっくり考えたい。

 ▼3位・比嘉真美子 (4つ落とした)前半がもったいないが、それも含めて今日一日の私のゴルフなので納得している。調子自体は悪くない。勝つか勝てないかは気持ち次第だと思う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月15日のニュース