冨田せな、初挑戦4位 1点差で表彰台逃すも納得「今できることをしっかりやった」

[ 2021年3月15日 05:30 ]

スノーボード世界選手権 ( 2021年3月13日    米コロラド州アスペン )

冨田せな
Photo By 共同

 ハーフパイプ(HP)決勝が行われた。女子では初出場の冨田せな(21=アルビレックス新潟)がわずか1・00点差で表彰台を逃したが、初めて臨んだ大舞台での入賞に「悔しいのもあるが、今できることをしっかりやって4位という結果につながって良かった」と納得顔だった。

 1回目は84・50点で2位に付け、2回目は逆スタンスの横2回転や横2回転半などを決めて86・50点をマークした。初出場した平昌五輪は8位だった21歳の成長株は「前よりいい結果を残せるように今できる準備をしていく」と、1年後の北京五輪を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月15日のニュース