ヤマハ発動機・五郎丸 ホーム最終戦で白星飾れずも“巻き返し”誓う

[ 2021年3月15日 05:30 ]

ラグビートップリーグ第4節第2日   ヤマハ発動機32-40キヤノン ( 2021年3月14日    ヤマハ )

後半16分、コンバージョンゴールを狙うヤマハ・五郎丸(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 今季限りで引退するヤマハ発動機・FB五郎丸は、ホーム最終戦を白星で飾ることができなかった。

 2戦連続先発で今季初のフル出場。0―5の前半14分に22メートルPGを決めるなど7点を挙げたが、ゴール成功率は5割にとどまった。ノーサイド後はピッチ上で今季リーグ2番目に多かった6436人の観衆に「残り試合、チーム一丸となって戦い、良い結果を報告できるように」と巻き返しを誓い、取材対応では「追い上げる力をつけたことを収穫としたい」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月15日のニュース