3場所出場停止処分の阿炎 幕下で復帰、勝利より「相撲を取れたことがうれしい」

[ 2021年3月15日 05:30 ]

大相撲春場所初日 ( 2021年3月14日    両国国技館 )

泉川(右)を上手投げで破る阿炎(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 昨年7月場所中などに接待を伴う飲食店での会食が発覚し、新型コロナウイルス対策のガイドライン違反で3場所出場停止などの処分を受けた元小結で西幕下56枚目の阿炎(錣山部屋)が泉川(峰崎部屋)戦で復帰した。

 もろ手で攻め込み、相手のはたきにも動じず、上手投げで勝利。大きな拍手を浴び「勝てたこともうれしいが、相撲を取れたことがうれしい」と謙虚に話した。

 家族や師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)ら部屋関係者に「変わった自分を見てほしい」と反省し、稽古を積んできたという。「今日みたいに、自分に自信を持って相撲を取れれば」と再起を期した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月15日のニュース