照ノ富士、大関復帰へ「M8」過去3勝3敗の難敵・北勝富士下して完勝発進

[ 2021年3月15日 05:30 ]

大相撲春場所初日 ( 2021年3月14日    両国国技館 )

北勝富士(右)を下手投げで破る照ノ富士(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 大関獲りの関脇・照ノ富士が白星スタートを切った。過去3勝3敗だった平幕・北勝富士に立ち合いから右喉輪で攻め込まれた。それでも慌てず左下手をつかみ、右で抱えて相手の勢いを止めると、左下手で投げ捨てた。

 「落ち着いているのが良かった。(幕内)上位に弱い人はいないので、毎日、力を精いっぱい出し切ろうと思っている」と淡々と振り返った。

 今場所の目標については「まず9番勝って、そこからと考えています」とした。今場所9勝すれば大関昇進の目安とされる三役で3場所33勝に到達する。「一日一番、全部出し切れるように臨めればいいかな」。余裕さえ感じさせる口ぶりで大関返り咲きへ自信をにじませた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月15日のニュース