大橋「この種目は譲れない」 目標の2分9秒台達成し2冠

[ 2021年1月25日 05:30 ]

競泳・北島康介杯 最終日 ( 2021年1月24日    東京辰巳国際水泳場 )

表彰式で笑顔を見せる(左から)2位の寺村、1位の大橋、3位の渡部
Photo By 代表撮影

 女子200メートル個人メドレーは大橋が前日の400メートル個人メドレーに続く2冠を達成した。疲労などによる練習不足で冬場に泳ぎ込めていない中で、目標の2分9秒台を達成。今大会の女子の最優秀選手に選ばれ「前半の動きが硬かったが、なんとか2分10秒を割れればと思っていた。現状ではタイムはいい。この種目は譲れないという思いがある。それをレースで出せて良かった」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月25日のニュース