大栄翔 出身埼玉に関東”大トリ”初の賜杯 優勝力士が出ていないのは1府10県に

[ 2021年1月25日 05:30 ]

大相撲初場所 千秋楽 ( 2021年1月24日    両国国技館 )

八角理事長(右)から内閣総理大臣杯を受け取る大栄翔

 大栄翔の平幕優勝により、出身地の埼玉県に初の賜杯がもたらされた。優勝制度が確立した1909年夏場所以降、関東地方では最後となった。

 野球やサッカーなどスポーツが盛んな県にしては意外だが、歴代横綱も不在。ただ、初場所の番付に載った力士数は23人と10番目に多く、幕内には他に北勝富士もいる。これで優勝力士が出ていないのは宮城、福井、岐阜、静岡、滋賀、京都、和歌山、島根、徳島、宮崎、沖縄の1府10県となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月25日のニュース