東京五輪公式ツイッター 利用規約に抵触し一時的に閲覧不可に

[ 2021年1月25日 05:30 ]

 東京五輪・パラリンピックの日本語の公式ツイッターアカウントが24日、一時的に「存在しません」と表示され、閲覧できなくなった。

 大会組織委員会によると、この日午前、担当者が組織委発足の2014年1月24日を誕生日として登録したところ、利用者の年齢を13歳以上とするツイッターの利用規約に抵触したという。

 午後には復旧し、投稿内容を閲覧できる状態に戻った。広報担当者は「フォロワーの皆さまにはご迷惑とご心配をおかけし申し訳ない」としている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月25日のニュース