V逸の正代「後味の悪い」黒星も前向く 「いい経験。来場所頑張る」

[ 2021年1月25日 05:30 ]

大相撲初場所 千秋楽 ( 2021年1月24日    両国国技館 )

朝乃山(手前)に押し出しで敗れる正代(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 既に大栄翔が優勝を決め、モチベーションの維持が難しい状況で結びに臨んだ正代は、朝乃山に押し出された。「(優勝の可能性が消えても)もう一度、集中してやったつもりだったけど。最後の相撲が後味の悪い内容」と残念がった。

 立ち合いは浅いもろ差し。まわしにこだわらず出てくる相手の圧力をかわそうと俵伝いに右へ半周ほど回り込んだ。そこで逃れ損ねた行司の式守伊之助と距離が詰まり、逃げ場を失うような形で土俵を割った。「ちょっと相手の圧力に負けて下がった。そこがいけなかったかな」と反省した。

 それでも初のカド番を10日目に脱出し終盤まで優勝を争った。「いい経験。足首のケガは悪化していないしカド番脱出できた。来場所頑張ります」と表情を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月25日のニュース