追手風部屋「夢かなった」05年の高砂部屋以来の幕内&十両制覇

[ 2021年1月25日 05:30 ]

大相撲初場所 千秋楽 ( 2021年1月24日    両国国技館 )

剣翔は勢の休場で不戦勝(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 追手風部屋は十両でも不戦勝だった剣翔が12勝3敗で優勝を決め、05年九州の高砂部屋(朝青龍、闘牙)以来の幕内&十両制覇となった。

 師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)は大栄翔の優勝の瞬間は場内警備のため見届けることができなかったが、花道では愛弟子に「おめでとう」と祝福。98年10月に部屋を構えてから初の幕内優勝に「一つの夢がかなった。来場所、期待を裏切らないように稽古していくしかない。磨くものは突き、押し。それしかない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月25日のニュース