全豪OP、関係者3人が変異種のコロナに感染

[ 2021年1月25日 05:30 ]

 新型コロナウイルス検査で陽性となった全豪オープンテニス関係者のうち3人のウイルスが英国で見つかった感染力が強い変異種だったことが分かったとサンデー・テレグラフ紙が24日に伝えた。

 10人だった陽性者は再評価で9人に減少も、4人とされていた選手が何人含まれるか不明。飛行機で陽性者と同乗しなかった選手は1日5時間を上限に屋外練習が可能で一緒に練習する人数を2人から4人に増やす案があったが、今回の変異種発覚で見送られたという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月25日のニュース