×

至学館大・栄監督 復帰即女子4階級独占

[ 2019年12月21日 05:30 ]

レスリング 全日本選手権第2日 ( 2019年12月20日    東京・駒沢体育館 )

優勝した類家(右)と握手を交わす栄監督(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 女子4階級の頂点を至学館大勢が独占した。昨年6月にパワハラ問題などで解任されていた栄和人監督が今大会から復帰。さっそく好結果を残した。

 65キロ級決勝では世界選手権代表の類家が7―2で快勝。途中1点差に詰め寄られる場面もあったが「自分がやってきたことを出せば絶対に勝てると信じて、焦らずにいけた」と胸を張った。55キロ級の東川はフォール勝ち。「優勝できると思っていなかったので、正直うれしい」と満足そうな表情だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年12月21日のニュース