×

五十嵐カノア、自己最高で年間ランク6位

[ 2019年12月21日 05:30 ]

サーフィン パイプ・マスターズ ( 2019年12月19日    米ハワイ州オアフ島 )

 サーフィンのプロ最高峰、チャンピオンシップツアー(CT)男子今季最終戦は19日に決勝が行われ、イタロ・フェヘイラがガブリエウ・メジナとのブラジル勢対決を制し自身初の年間王者に輝いた。

 五十嵐カノア(木下グループ)は自己最高の年間ランキング6位だった。フェヘイラはメジナとともにCT年間順位で要件を満たし、暫定的に東京五輪出場権を獲得している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年12月21日のニュース