羽生結弦“ジャージーアクセル”披露 12月21日公式練習ドキュメント

[ 2019年12月21日 16:27 ]

<フィギュア全日本選手権第3日>フリーに向けて練習する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート全日本選手権(東京・国立代々木競技場)の男子フリーを22日に控え、ショートプログラム(SP)で首位発進した羽生結弦(ANA)が21日、公式練習で調整した。羽生はフリー最終滑走で、22日午後9時3分に登場する。

 【羽生結弦 2019年12月21日公式練習ドキュメント】
▽13:34 報道陣に小さく礼をして会場入り。後にオーサー・コーチとブリアン・コーチも続く。

▽14:48 リンクサイドに姿を見せ、陸上でジャンプ。腕をぐるぐる回す。プーさんのティッシュカバーを抱えるのはオーサー・コーチ。

▽14:50 6選手中最初にリンクに入る。公式練習スタート。オーサー・コーチが丁寧にティッシュカバーをフェンスに設置。

▽14:51 ルッツの踏み切りを確認。

▽14:52 3回転ルッツを着氷。

▽14:53 3回転ルッツを決める。その後、4回転トーループに成功。コーチ陣と目が合い、うなずく。

▽14:54 リンクサイドでドリンクを口に含む。

▽14:55 スピードを抑えた助走からトリプルアクセルを決める。笑みを浮かべながらフェンスに沿って滑る。開場時間となり、観客が入場。

▽14:56 トリプルアクセル―2回転トーループを決める。

▽14:57 サルコーの踏み切りを確認。その後、4回転サルコーに成功。

▽14:58 ドリンクを口に含む。

▽14:59 ループは3回転に。

▽15:00 オーサー・コーチと話し、ドリンクを飲む。ループは2回転に。

▽15:01 4回転ループに成功。その後、両コーチと言葉をかわす。

▽15:02 ループの踏み切りを確認。

▽15:03 再びループの踏み切りをチェック。コーチ陣の話にうなずきながらドリンクを飲む。リンクサイドで屈伸。

▽15:04 ジャージーを着たまま「Origin」の曲かけスタート。4回転ループを決める。4回転サルコーも成功。

▽15:05 音楽を聴きながらイメージを高める。

▽15:06 3回転ルッツを決める。4回転トーループも成功。4回転トーループ―1回転オイラー―3回転サルコーを決める。

▽15:07 トリプルアクセル―3回転トーループに成功。トリプルアクセルの着氷が乱れる。

▽15:08 切れ味抜群の動きでフィニッシュを決め、大きな拍手を浴びる。コーチ陣も拍手。

▽15:10 両手を組み、考え込むしぐさ。踏み切り位置を確認し、笑いながらオーサー・コーチと話す。その後、ブリアン・コーチとも会話。

▽15:11 ジャージーと黒の上着を脱ぎ、半袖姿に。その上からジャージーを再びはおる。

▽15:12 羽生の滑りに合わせ、ジャージーがなびく。アクセルの動きを確認。

▽15:13 ジャージーをはためかせながらトリプルアクセルを跳ぶ。

▽15:14 両手袋を取る。

▽15:15 リンク上を漂っている。

▽15:16 ダイナミックな動きでステップを確認。

▽15:17 丁寧な動きでスケーティングを行う。

▽15:20 両手首を振る動き。オーサー・コーチと話しながらドリンクを口に含む。ジャージーのファスナーを胸元まで上げる。

▽15:21 リンクサイドでかがむ動き。

▽15:22 ゆっくりステップを刻み、連続トーループの動きを確認。

▽15:23 ルッツの踏み切りを確認。

▽15:24 残り1分のアナウンス。「Origin」のスタートからループ、サルコーに続く動きを確認。

▽15:25公式練習終了。他のスケータがお辞儀する方向にいることに気づき、慌ててフェードアウト。その後、4方向にお辞儀し、温かい拍手を浴びる。両コーチとハグし、リンクを降りる。

▽15:26 会場奧へと姿を消す。プーさんはオーサー・コーチが抱えていた。

▽15:40 練習を終え、会場を後にする。多くの関係者の前を通り過ぎ、「すいません。なんか毎回、花道みたいになっちゃって」と苦笑いで語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年12月21日のニュース