×

SP2位の宮原 ジャンプ修正で「自分らしさ出す」 新葉は大技挑戦を視野

[ 2019年12月21日 05:30 ]

フィギュアスケート 全日本選手権第2日 ( 2019年12月20日    東京・国立代々木競技場 )

フリーに向けて練習する樋口(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 14~17年に4連覇し、SP2位発進した宮原知子(21=関大KFSC)は、公式練習で軽快に汗を流した。SPではルッツ―トーループの連続3回転のトーループ、3回転ループの2つで回転不足だったため、「自分らしさを出したい」と意気込むフリーへ、ジャンプの修正に努めた。

 SP4位の樋口新葉(18=明大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を1度クリーンに着氷。大技挑戦も視野に入れ、目標の表彰台を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年12月21日のニュース