×

赤熊、初五輪前進「高谷先輩のようなスピードと気迫のあるタックルを」

[ 2019年12月21日 05:30 ]

レスリング 全日本選手権第2日 ( 2019年12月20日    東京・駒沢体育館 )

山口(左)を攻める赤熊(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ライバルの山口(ブシロード)を下して初の五輪へ前進したフリースタイル97キロ級の赤熊は「ホッとしました」と安どの表情を見せた。

 リオ五輪は高谷惣の練習パートナーとして同行。「みんなここに懸けてきている」と実感するとともに憧れの場所となった。3月の大一番まで「高谷先輩のようなスピードと気迫のあるタックル」を磨き、あだ名の“クマ”のごとく果敢に五輪切符を獲る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年12月21日のニュース