遼、首位と9打差の12位浮上「諦めずに頑張りたい」

[ 2019年9月8日 05:30 ]

男子ゴルフツアー・フジサンケイ・クラシック   第3日 ( 2019年9月7日    山梨県 富士桜CC=7566ヤード、パー71 )

3番、石川遼はティーショットを曲げ雄叫びを上げる(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 19位から出た石川遼は4バーディー、2ボギーの69で通算4アンダーの12位に。7番で5メートルを沈めたのを皮切りに4バーディーを奪い「7番のパットで久しぶりに読み通りに転がった。途中から(握りを)順手にしてから良い転がりで打てた」。

 首位とは9打差まで離れたが「何が起きるか分からないので諦めずに頑張りたい」と話した。なお、JGTOなど3ツアーの共催で韓国で行われるシンハン・ドンヘ・オープン(19日開幕)は、コンディション維持のために出場しないことを明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月8日のニュース