全日本ベスト8の幕下・白石 白星スタート「目標は優勝」

[ 2019年9月8日 16:18 ]

大相撲秋場所初日 ( 2019年9月8日    両国国技館 )

 全日本選手権ベスト8の幕下・白石(23=玉ノ井部屋)が隠岐の富士を下して白星スタートを切った。

 立ち合いから回転のいい突っ張りで押し込み、。そのまま土俵の外まで突き出した。

 「きょうの相撲は100点じゃないですか。さすがに」と会心の笑顔で振り返った。

 5月の夏場所で三段目付け出しデビュー。7戦全勝で優勝し、幕下で迎えた名古屋場所は5勝2敗と勝ち越した。今場所は「優勝が目標」と話す。

 ただ、名古屋で右肩を負傷し本格的に相撲を取って稽古ができるようになったのは8月下旬からだった。

 「徐々に体を慣らして取りました。まだ鈍痛はありますが、治療しながらやっています」と説明する。

 稽古ができなかった分は体幹を鍛えて下半身も強化。「体重は変わっていません」と状態は悪くなさそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月8日のニュース