大鵬の孫、納谷 貴景勝の付け人役にはお呼びかからず 初日黒星も「引かなかったので良かった」

[ 2019年9月8日 14:51 ]

大相撲秋場所初日 ( 2019年9月8日    両国国技館 )

大相撲秋場所初日 豊響(右)に敗れた納谷(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 昭和の大横綱・大鵬の孫、納谷(19=大嶽部屋)が元幕内・豊響に突き落しで敗れ黒星発進となった。

 立ち合いから突いて出て、突っ張り合いとなる。相手が引いたところを前に出たが、勢いあまって前のめりになり、突き落としを食らって逆転負けした。

 それでも「ちょっと受ける形になったんですが、引かなかったの気持ち的には良かった」と収穫を口にした。

 5月の夏場所では一門の貴景勝の付け人を務めたが、先場所は貴景勝が休場したため声が掛からなかった。今場所も要請はきてないそうで「今場所は(貴景勝が大関復帰を目指す)大事な場所ですから」と控えめに話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月8日のニュース