白鵬まさか初日に土…日本国籍取得後初土俵も 貴景勝は大関復帰へ流血白星発進!

[ 2019年9月8日 17:45 ]

<大相撲秋場所初日>大栄翔を突き落としで破った貴景勝は流血する(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 大相撲秋場所初日が8日、両国国技館で行われ、右膝の負傷により大関から陥落した関脇・貴景勝(23=千賀ノ浦部屋)は大関復帰を懸けて2場所ぶりに復帰。前頭3枚目の大栄翔(25=追手風部屋)と対戦し、突き落としで白星発進した。日本国籍取得後、初めての本場所に臨む横綱・白鵬(34=宮城野部屋)は前頭筆頭の北勝富士(27=八角部屋)に敗れた。

 貴景勝は立ち合いから突いて出て、突っ張り合い。大栄翔をいなして向き直り、圧力をかけようとした時にバランスを崩したが踏ん張り、鼻から流血も最後は突き落としで勝利。大関復帰の条件となる10勝以上へ向けて幸先のいいスタートを切った。

 白鵬は張り差しから上手を取れず、上体が高くなり北勝富士に寄り切られた。

 2場所連続7度目の優勝を狙う横綱・鶴竜(34=井筒部屋)は小結・遠藤(28=追手風部屋)と対戦。安定感のある取組を見せ、叩き込みで結びの一番を締めた。

 大関陣は栃ノ心が前頭二枚目・逸ノ城(26=湊部屋)に上手投げで敗れた。豪栄道は前頭筆頭・碧山(33=春日野部屋)を押し出しで退けた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月8日のニュース