ラマス監督、守備奮起を促す NZに3P18本被弾「DFが十分ではなかった」

[ 2019年9月8日 05:30 ]

順位決定リーグ   日本81―111ニュージーランド ( 2019年9月7日    東莞 )

 日本を率いるラマス監督は、「ディフェンスが十分ではなかった」とうなだれた。ニュージーランドの3点シュートを18本も被弾。「うまくプランが実行できなかった」。

 1次リーグ全敗で八村と米国戦で左足親指を骨折した主将の篠山抜きでの戦いを強いられる順位決定リーグ。「10日前とは自信に違いがあるかもしれない」と話し、「厳しい状況でも、結果を求めていかないといけない」とチームに奮起を促した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月8日のニュース