ナダル、全米制覇へ王手 8日にメドベージェフと決勝

[ 2019年9月8日 05:30 ]

テニス・全米オープン第12日   男子シングルス準決勝 ( 2019年9月6日    ニューヨーク・ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

男子シングルスで決勝進出を決め、ガッツポーズするラファエル・ナダル(共同)
Photo By 共同

 男子シングルス準決勝が6日に行われ、4大大会で18度の優勝を誇る第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第5シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が勝ち、8日(日本時間9日早朝)の決勝で対戦することになった。

 33歳のナダルは第24シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を退け、2年ぶりに決勝進出。23歳のメドベージェフはグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を下し、4大大会で初めて決勝に進んだ。

 本大会はWOWOWで放送。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月8日のニュース