桃田 攻めの姿勢取り戻し好発進「2連覇狙いにいく」

[ 2019年7月24日 05:30 ]

バドミントン ダイハツ・ヨネックスジャパン・オープン第1日 ( 2019年7月23日    東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ )

初戦を突破し、ガッツポーズする桃田(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 トップランカーの桃田は“らしさ”を取り戻す好発進だ。世界ランク25位の格下に粘られつつもストレートで下し、次戦への体力温存に成功した。

 前週のインドネシア・オープンでは、局面で弱気なプレーを選択して2回戦敗退。「(第2セット)17―17の展開で、弱気から逃げない。押していこうと思った」と攻めの姿勢を取り戻し「2連覇を狙いにいくつもり」と優勝を見据えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月24日のニュース