日本、まさかの失格…引き継ぎで違反 混合400メートルメドレーリレー予選 

[ 2019年7月24日 12:45 ]

水泳世界選手権 ( 2019年7月24日    韓国・光州 )

<世界水泳光州2019・競泳4日目>混合4×100メートルメドレーリレー予選、スタートする第4泳者の大本(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 東京五輪で新採用される混合400メートルメドレーリレー予選で、日本(酒井、小関、水沼、大本)は失格となり、今大会での五輪出場枠獲得を逃した。

 予選4組に登場。3分45秒30の5番手でゴールしたが、第3泳者バタフライの水沼から最終泳者の自由形の大本に引き継ぐ際に規定よりも早くスタートを切る違反があった。

 大本は「焦って飛んでしまった部分があった。まだまだリレーがあるので、こういうことがないように気をつけたい」と涙。小関は「仕方ない」とかばい「ミックス(混合)は女子から男子、男子から女子と引き継ぎがイレギュラーなので、個人的にはもっと練習が必要だと思う」と指摘した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年7月24日のニュース