女子200m自由形・白井、8位も収穫「五輪の前年にこういう経験ができて良かった」

[ 2019年7月24日 23:34 ]

水泳世界選手権第13日   女子200メートル自由形・決勝 ( 2019年7月24日    韓国・光州 )

女子200メートル自由形決勝、ゴールし声援に応える白井(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 白井は8位に終わった。最初の50メートルを8番手で折り返すと、その後もペースは上がらず最下位。レース前に「前半から積極的にいって後半は粘りたい。欲を言えば55秒台」と語っていたが、23日の準決勝で記録した自己ベストの1分56秒82から0秒32遅れた。

 それでも決勝の舞台に立てたことは収穫で「世界との差が分かった。五輪の前年にこういう経験ができて良かった」と前を向いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月24日のニュース