内田啓介 日本代表に練習生として合流 田中史朗が右脚痛め“3番手”として

[ 2019年7月24日 16:07 ]

練習生として代表合宿に合流した内田(中)(撮影・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 ラグビーのパシフィックネーションズ杯(PNC)フィジー戦(27日、釜石鵜住居復興スタジアム)で今年初のテストマッチに臨む日本代表に24日、SH内田啓介(27=パナソニック)が練習生として盛岡市内で行われた練習に合流した。

 W杯日本大会(9月20日開幕)の前哨戦としてPNCを3試合(トンガ=8月3日、米国=同10日)を戦う日本代表のSHでは現在、15年W杯イングランド大会メンバーの田中史朗(34=キヤノン)が右脚を痛めて別メニュー。合宿を訪れた代表OBには「来週には」と早期の復帰を示唆したが、W杯直前とあって無理をさせられず、流大(26=サントリー)、茂野海人(28=トヨタ自動車)に次ぐ“3番手”として代表通算22キャップの内田が呼ばれた。練習で早速スピード抜群のランやパスを披露した内田が今後、どこまでチームに同行するかは未定。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年7月24日のニュース