酒井、女子100背泳ぎ初決勝で6位「いい緊張感で臨めた」 

[ 2019年7月24日 05:30 ]

競泳 世界選手権第12日 ( 2019年7月23日    韓国・光州 )

女子100メートル背泳ぎ決勝で懸命に泳ぐ酒井(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 18歳の酒井は自身初の世界の決勝レースにも「あまり緊張せず、いい緊張感で臨めた」と落ち着いたものだった。現状では上々といえる6位に食い込み「一つきっかけをつかめるレースになった」とうなずいた。

 女子の日本勢で3大会ぶりに決勝を泳いだ意義は大きい。女子400メートルメドレーリレーに向けても好材料で「リレーでは自己ベストを出せるように、悪いところを修正したい」と意欲的に語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年7月24日のニュース