柔道高藤、Sクラ野口 五輪代表必ず、都内で表彰式出席

[ 2019年7月24日 05:30 ]

文科省の顕彰、表彰式後、取材に応じる柔道男子の高藤直寿
Photo By 共同

 柔道男子60キロ級の高藤直寿(26=パーク24)、スポーツクライミング女子の野口啓代(30=TEAM au)らが23日、都内で表彰式に出席し、24日で開幕まで1年となる東京五輪へ気合を入れた。

 世界選手権(8月25日開幕、日本武道館)に出場する高藤は、「しっかり勝って世界チャンピオンとして五輪に臨みたい」とV宣言。野口も7位以内かつ日本人最上位で五輪代表に決まる世界選手権(8月11日開幕、エスフォルタアリーナ八王子)へ「確実に切符を取って1年間、五輪だけに向けてトレーニングしたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年7月24日のニュース