入江 男子100背泳ぎ6位に「ふがいない…実力不足」

[ 2019年7月24日 05:30 ]

水泳 世界選手権第12日 ( 2019年7月23日    韓国・光州 )

男子100メートル背泳ぎ決勝のレースを終え、険しい表情を見せる入江(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 入江は「思ったより上がらなかった」と、前半を8番手で折り返した。後半はじわじわ追い上げたが、表彰台争いに食い込めず、6位に終わった。

 「実力が不足している」と素直に受け止めた。3位のタイムは52秒77と、決して手の届かない領域ではない。それだけに歯がゆそうな様子で「ふがいない。何が足りないかしっかり考えたい」と諦めずに戦い続ける覚悟を口にした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月24日のニュース