谷口 雨でも安定ショット、関東大会へトップ通過

[ 2019年7月24日 05:30 ]

スポニチ主催内閣総理大臣杯第50回日本社会人ゴルフ選手権関東予選 ( 2019年7月23日    茨城県龍ケ崎市 龍ケ崎CC=6759ヤード、パー72 )

首位で予選通過した谷口(撮影・米田充利)
Photo By スポニチ

 シングルハンデを持たず、マンデートーナメントを突破して出場した谷口貴志(43)が雨の中、安定したショットを披露し1オーバーの73でトップ通過を果たした。上位12人とシニア枠2人の計14人が関東大会(9月、箱根CC)に進出した。

 トップ通過の谷口は「いいゴルフができました。ティーショットが曲がらず、フェアウエーから第2打を打てたのが良かった」と喜んだ。大和ハウス工業勤務で自宅は奈良・広陵町だが、4年前から龍ケ崎工場に異動し、コースに近い牛久市に単身赴任中。月イチながら普段は70台後半で回り、大箱根CCでのマンデーを2位で通過した。関東大会は一昨年に続いて2回目で「箱根CCは面白いコースだし、この大会は参加して楽しい」と心待ちにしている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年7月24日のニュース