ドーピング検査妨害疑惑 2個目金の孫楊にまた撮影拒否

[ 2019年7月24日 05:30 ]

水泳 世界選手権第12日 ( 2019年7月23日    韓国・光州 )

 男子200メートル自由形は、ドーピング検査を妨害した疑惑が持ち上がっている孫楊(中国)が運も味方に付けて今大会2つ目の金メダルを手にした。

 2番手でゴールしたが、トップでフィニッシュしたラプシス(リトアニア)が失格に。「最後まで頑張ったからラッキーがきた」と誇らしげに語った。

 表彰式では3位のスコット(英国)が、並んでの記念撮影を拒んだ。21日の400メートル自由形で表彰台に立つことを拒否したホートン(オーストラリア)に続く行為に会場は騒然。引き揚げる際には孫楊がスコットを挑発するようなしぐさを見せた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年7月24日のニュース