青木玲悔し…女子100平泳ぎ4位 表彰台0秒04届かず

[ 2019年7月24日 05:30 ]

水泳 世界選手権第12日 ( 2019年7月23日    韓国・光州 )

女子100メートル平泳ぎ決勝で懸命に泳ぐ青木(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 青木玲は準決勝からタイムを落として4位に終わり、表彰台に0秒04届かなかった。

 前半の50メートルを30秒台で入るプランだったが、ターンは31秒19。後半も伸びず、自己ベストの1分5秒90から0秒50遅れた。17年ブダペスト大会は決勝進出を逃して号泣。2年前から成長した姿を見せ「準決勝のタイムならメダルだった。それが一番悔しい。決勝でレースできたのは来年につながる」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年7月24日のニュース