金谷、松山は第3ラウンド68 小平は伸ばせず73で終了

[ 2019年4月14日 05:30 ]

米男子ゴルフ マスターズ 第3日 ( 2019年4月13日    オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

第3ラウンド、1番でティーショットを放つ金谷 
Photo By 共同

 第3ラウンドが13日に始まり、通算3オーバーの57位から出た金谷は序盤の2、3番で連続バーディーを奪うなど、スコアを伸ばした。

 パー5の2番は3打目をピン右2・5メートルに寄せ、フックラインを落ち着いて沈め、3番も約1メートルを決めた。6番でもバーディーを奪うが、7番でボギーとした。この後8、9、12番でバーディー、13番でボギーとした。結局6バーディー、2ボギーの68、通算1アンダーでホールアウトした。

 松山は8バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの68、通算3アンダーで小平は2バーディー、3ボギーの73、通算2オーバーで終えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月14日のニュース