小平 2年連続予選通過、アプローチとパット好調

[ 2019年4月14日 05:30 ]

米男子ゴルフ マスターズ 第2日 ( 2019年4月12日    オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

14番でアプローチショットを放つ小平智
Photo By 共同

 小平は5バーディー、3ボギーの70と巻き返し、通算1オーバーで2年連続の予選通過。「うれしい。1Wが悪すぎたが、アプローチとパットが良くてこのスコアになった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 2番でボギーが先行も、7番や10番で4メートル強のバーディーパットを沈めた。決勝ラウンドへ向け「1Wが自分の思い描いた球とのギャップが凄くある。そこが埋まればスコアが出ると思う」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月14日のニュース