貴景勝 実戦的稽古再開も「まだ体がスカスカ」

[ 2019年4月14日 05:30 ]

相撲を取る稽古を始めた貴景勝(中央)
Photo By 共同

 大相撲の春巡業は13日、神奈川県藤沢市で行われ、新大関・貴景勝(22=千賀ノ浦部屋)が相撲を取る稽古を再開した。

 小結・北勝富士らと6番取って試運転したが、「まだ体がスカスカ。膨らませないと。まだ基礎運動が必要かと思う」と実戦的な稽古は封印し、体をつくり直す考えを示した。夏場所(5月12日初日、両国国技館)まであと約1カ月。大関になった以上、目標は「優勝しかない」と強調する。体と相談しながらギアを上げていく予定で、「焦りはない。ここから(状態を)上げていきたい」と冷静だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月14日のニュース