トゥクタミシェワCA衣装で悩殺 エキシビジョンも“リーザ劇場”

[ 2019年4月14日 16:43 ]

フィギュアスケート世界国別対抗戦 ( 2019年4月14日    マリンメッセ福岡 )

<世界フィギュアスケート国別対抗戦第4日>エキシビション、会場を大いに盛り上げたトゥクタミシェワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 エキシビジョンが行われ、女子のエリザベータ・トゥクタミシェワ(22=ロシア)が人気のプログラムを披露した。

 キャビン・アテンダントの衣装で現れ、ブリトニー・スピアーズ「トキシック」に乗せて濃艶な舞いを見せた。上着を脱ぎながらのクリムキンでは黄色い歓声が飛ぶなど、博多の観衆を悩殺した。

 今大会はショートプログラム、フリーとも代名詞の3回転半(トリプルアクセル)を完璧に決め、自己最高得点をマーク。今季、完全復活を遂げた15年世界選手権女王が、今季ラストの舞台で会場を盛り上げた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月14日のニュース