×

サンウルブズ今季2勝目へ再始動 16日秩父宮でレッズ戦

[ 2019年3月11日 17:17 ]

16日のレッズ戦に向けての練習を終えた坂手淳史(左)
Photo By スポニチ

 スーパーラグビーのサンウルブズは11日、16日の第5節レッズ戦(秩父宮)に向けて千葉県市原市の市原スポレクパークで練習を再開した。9日のブルース戦は前後半計14ものペナルティーを犯し、20―28で敗戦。シンビン(10分間の一時的退場)も2人出すなど規律面の課題が浮き彫りとなり、この試合で初先発したSHジェイミー・ブースは「規律のことはチーム内で話し合った。ディフェンスでもう一歩下がる、ジャッカルしなくていい時はしないなどを話したので、今週はうまくできるようにしたい」と語った。

 練習には前日からチームに合流したW杯日本代表候補のNo・8アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)も参加。早速チームに溶け込み、戦術面の確認などを行った。マフィは昨季まで2年連続でレベルズ(オーストラリア)でプレー。16日の試合に出場すれば、サンウルブズデビューとなる。

 今回対戦するレッズは同じオーストラリア・カンファレンスに所属し、第4節終了時で0勝3敗と未勝利。上位進出には落とせない今季2度目の秩父宮での一戦となるだけに、フッカー坂手淳史(パナソニック)は「しっかりポイントを取っていきたい。ホームのファンの前でいいゲームをしたい」と必勝を宣言した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年3月11日のニュース