×

玉鷲 先手で攻めて白星獲得も“一気に”勝負をつけられず反省

[ 2019年3月11日 05:30 ]

大相撲春場所 初日   ○玉鷲―錦木● ( 2019年3月10日    エディオンアリーナ大阪 )

玉鷲(右)が押し出しで錦木を破る
Photo By 共同

 初場所で初優勝を飾った関脇・玉鷲は右喉輪などで先手先手と攻め、錦木を押し出した。それでも「もっとバッという感じでいかないと。なんか知らないけど足が出ていないというか…」と一気に勝負をつけられなかったことを反省した。

 締め込みは優勝を飾って験のいいはずの水色から紺色の新しいものに替えた。「意識はない。験が悪いとしたら自分」。験担ぎは一切せず、実力だけで勝負していく覚悟だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年3月11日のニュース