×

八角理事長、恒例の協会あいさつ 「新しい時代に向かっていい相撲で終われれば」

[ 2019年3月11日 05:30 ]

いい相撲で終われれば ( 2019年3月10日    エディオンアリーナ大阪 )

初日恒例の協会あいさつでファンに感謝を述べる八角理事長(中央)(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は恒例の協会あいさつで「平成最後の本場所にふさわしい、白熱した相撲で皆さまのご期待にお応えできることと存じます」と述べ、拍手を浴びた。あいさつの後「新しい時代に向かう前に、最後にいい相撲で終われればいい。楽しみな取組が増えたし、このまま盛り上がってほしい」と思いを口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年3月11日のニュース