×

奥原、ストレート負けで決勝逃す それでも「凄く充実した遠征だった」

[ 2019年3月11日 05:30 ]

バドミントン 全英オープン最終日 ( 2019年3月10日    英国・バーミンガム )

決勝進出を逃した奥原(AP)
Photo By AP

 女子シングルスの奥原はストレート負けを喫し、優勝した16年大会以来の決勝進出を逃した。陳雨菲(中国)と第1ゲームは終盤まで競り合ったが「少しいつもと感覚が違うな、という不安な部分が最後に出てしまった」と17―18から連続失点で落とす。第2ゲームは流れを一度もつかめず11―21で敗れた。

 それでも東京五輪の出場権争いが本格化する5月に向けて収穫はあった様子。「これでいいんだなと、つかめているものもある。凄く充実した遠征だった」と下を向くことはなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年3月11日のニュース