岩出玲亜 日本新なら2億円ゲットも! MGCに向けては「暖かいところでトレ」

[ 2019年3月11日 10:28 ]

名古屋ウィメンズマラソンで5位。一夜明けて取材に応じた岩出玲亜
Photo By スポニチ

 陸上の名古屋ウィメンズマラソンで、自己記録2時間23分52秒を出して日本人最上位の5位に入った岩出玲亜(24=アンダーアーマー)が11日、レースから一夜明けて名古屋市内で取材に応じた。

 今大会を含めて、日本新記録(2時間19分12秒)を出せば、1億円のボーナスをもらう約束があったことを明かした。

 「日本新を出したら1億円くださいって言ったら、社長が“なんとかするよ”って言ってくれました」

 特別ボーナスの約束をしたのは、アンダーアーマーを手がけるドーム社の安田秀一社長。かつて所属したケンブリッジ飛鳥にも「9秒台なら1億円」を公言したことがある。

 「会社は、毎週月曜日にパワーモーニングっていう朝礼があって、その前に社長に会って“名古屋に行ってきます”って言ったら、“日本新出せよ”って。それで“じゃあ1億円お願いします”と」

 日本実業団陸上連合はマラソンの日本記録達成者に1億円の報奨金を出す制度を作っている。岩出が記録を実現すれば、2億円のビッグボーナスとなる可能性がある。

 9月15日の東京五輪代表選考レース「MGC」で記録に挑むのは現実的ではないとはいえ、競技生活のモチベーションの一つになりそうだ。東京五輪をかけた戦いに向けては「暖かいところでの練習が一番。例年は北海道だけど、あえて暖かいところでトレーニングをしようかな」と暑さ対策に注力していく計画でいる。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月11日のニュース