ああ、残念!デトロイトでスタジアムの爆破に失敗 爆音の後も建物は健在

[ 2017年12月4日 17:39 ]

 NFLライオンズの旧本拠地で、NBAのピストンズも一時ホーム・アリーナとして使用していたシルバードーム(ミシガン州デトロイト郊外ポンティアック)の爆破による解体が3日に行われたが、外壁から煙が立ち上ったものの、その煙が消えてみると建物はまだ健在。壁を支えていた梁(はり)を破壊することができず、解体は失敗に終わった。

 AP通信によれば、工事を請け負ったアラモ社は現在、爆破に失敗した原因を調査中。解体されていないとは言え、建物は崩れやすくなっており、今後の対応は不透明になっている。

 ライオンズは1975年から2001年までシルバードームを本拠地として使用。チームとしてはまだ一度もスーパーボウルに出場していないこともあってツイッターには「シルバードームの最後のファンブル?」といった皮肉たっぷりの投稿が続出した。もし重力による自然崩壊?がなければ今週中に重機を使っての工事に取りかかるとも報じられているが、解体業者にとっては過去に経験のない難しい作業を強いられそうだ。

 シルバードームでは1982年1月24日にNFLのスーパーボウル(49ers対ベンガルズ)が開催され、1988年1月29日のNBAピストンズ対セルティクス戦では6万1983人という当時のNBA最多観客動員記録を樹立。数々の名勝負が繰り広げられた有名なスタジアムだったが、“最後の瞬間”は誰もが予想しなかった形で注目を集めることになった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月4日のニュース