小平 転倒でW杯連勝ストップ マットに激突も笑顔「大丈夫です」

[ 2017年12月4日 05:30 ]

スピードスケートW杯第3戦 ( 2017年12月2日    カナダ・カルガリー )

女子1000メートルで転倒し、ゴール後にさえない表情の小平奈緒
Photo By 共同

 エースの小平をアクシデントが襲った。2つ目のカーブの出口で転倒し、リンク外側の防護マットに激突。最後まで滑り切ったが、時間が経過してから体の張りやむち打ちの症状が出ることもある。本人は「大丈夫です」と笑顔も見せ、チーム医師も「大ごとではない」と話した。

 1000メートルの出場レース数が3回となって日本スケート連盟が定めた平昌五輪の代表選考基準を満たした。12月末の国内選考会への出場を条件に3度目の五輪代表入りは確実。一方で10月の全日本距離別選手権に続く転倒が気がかりだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月4日のニュース