有希LH5位 2本とも失敗もサバサバ「タイミング遅れた」

[ 2017年12月4日 05:30 ]

ノルディックスキーW杯ジャンプ女子個人第3戦 ( 2017年12月3日    ノルウェー・リレハンメル、ヒルサイズ=HS138メートル )

女子 2回目の飛躍で着地する伊藤有希
Photo By 共同

 2日の試合で高梨より一足早く表彰台に上がった伊藤は、ラージヒルでは5位に終わった。「2本ともかなりタイミングが遅れた。失敗ジャンプだった」とさばさばとした表情。同じく5位だった開幕戦では「このままじゃマズイ」とジャンプの内容に不安を覚えていたが、腰高になっていたという助走姿勢を修正し、手応えは得ているようだ。

 伊藤もアルトハウス、ルンビの強さは警戒しており「2人とも技術があり、パワーの強い選手だけど、冬になって全然違うジャンプをしている」と語った。昨季は高梨と総合順位でワンツーフィニッシュを決めた日本の二枚看板の一角。「この3戦はなかなかかみ合わなかった。またしっかり練習したい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月4日のニュース