山口 全日本女子シングルスで3年ぶり優勝「楽しくプレーできた」

[ 2017年12月4日 05:30 ]

バドミントン全日本総合選手権最終日 ( 2017年12月3日    東京・駒沢体育館 )

 女子シングルスで3年ぶり2度目の優勝を決め、トロフィーを手にする山口茜
Photo By 共同

 女子シングルスで世界ランク2位の20歳・山口が3年ぶりに優勝した。21歳の大堀との決勝は第1ゲームを先取される苦しい展開。最終第3ゲームも終盤までリードを許したが勝負強さを発揮。「苦しい試合だったけど楽しくプレーできた」。3年前は「向かっていくだけ」だったが、今は相手の挑戦を受ける。「向かってくる選手を自分から押し返していけば楽しくやれる」と納得の表情だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月4日のニュース