急造男子は日本新で銀 ウィリアムソン「みんなの強みフル活用」

[ 2017年12月4日 05:30 ]

スピードスケートW杯第3戦 ( 2017年12月2日    カナダ・カルガリー )

 男子団体追い抜きで、3分38秒65の日本新で2位となり、表彰式で笑顔の(左から)一戸、中村、ウイリアムソン=カルガリー(共同)
Photo By 共同

 急造メンバーで挑んだ男子団体追い抜きも表彰台に上がった。中村奨太、ウイリアムソン師円、一戸誠太郎で臨み、3分38秒65の日本新記録をマーク。09年の日本記録を2秒00更新した。

 他国に転倒が相次いだこともあって2位と躍進。ウイリアムソンは「みんなの強みをフルに活用したいいレースだった」と喜び、故障の土屋に代わった一戸は「不安しかなかったが、うれしい」と満面の笑みだった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月4日のニュース