白鵬 引退の日馬について初言及「どういう言葉をかければいいのか、見つからない」

[ 2017年12月4日 15:15 ]

長崎・五島巡業に参加した白鵬
Photo By スポニチ

 大相撲の冬巡業が4日、長崎県五島市で行われ、横綱・白鵬が引退した元横綱の日馬富士について、初めて胸中の一端を口にした。

 「どういう言葉をかければいいのか、見つからない。少し時間をおいて、本人に伝えたい」

 同じモンゴル出身で長年、ライバルとして競い合ってきただけに、気持ちの整理に時間がかかるのは、当然かもしれない。元横綱の日馬富士は、平幕・貴ノ岩への暴行事件の責任を取る形で先日、引退している。

 白鵬ら力士は、五島巡業の会場の福江島へ、前日に船で入った。白鵬も多少、旅の疲れがある様子だったが、訪れた島民からのあたたかい歓迎に感謝。朝稽古のほか、横綱綱締実演などを土俵上で行い、歓声を受けていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月4日のニュース